最もよく検索されている商品:

キャロライン・ホガース

椅子張替職人のキャロライン・ホガース氏にとって、張地が破れたシートや亀裂の入った木材は、致命傷となる代わりに挑戦のしがいがある仕事となります。ホガース氏は20世紀のデザインの黄金時代に作られた家具を見つけては修復し、新しい住処を探してあげることに生きがいを感じています。ホガース氏は、当時のデンマークのデザインをあるべき姿であると捉えています-それは、家具を分解して目にする職人技から明らかです。 

「北欧の人々が他の誰よりも先にフォルムと機能という概念を理解し、この運動を始めたのは確実です。」

「ウェグナーの椅子を分解すると、彼の思考プロセスと、なぜ彼の椅子が世界中で最も美しいのかが、文字通り『見える』のです。」

自己紹介をお願いいたします。

私は椅子の張替職人で、特にミッドセンチュリーの家具を購入して修復し、人の手で作られた最も美しいこうした家具に新しい住処を探してあげるのを仕事としており、ロンドン郊外のセントオールバンズで「A Fold of Chairs」という小さなお店を経営しています。 

 

 

普段、どんな家具を修復していますか?

1940年代から1990年代にかけて製作された椅子やソファが中心ですが、最近はその他の家具や、芸術品・陶芸品も扱うようになってきました。そこに共通する要素を挙げるとしたら、美しさ、上質なデザイン、上質な素材でしょうか。何十年も生き延びた家具は、愛情を注いで手入れをすれば、さらに長持ちすることがあります。仕事で最もやりがいを感じるのは、粗末にされ、処分されていても、きっと美しくなるという確信のある家具を買うとき。次にその家具を修復するとき。修復プロセスは毎回違っており、それをどのように進めるか考えるのは考古学のようです。そして最後に、その家具に新しい住処が見つかったとき。そこから新しいつながりが生まれます。

 

 

ホガースさんにとってミッドセンチュリースタイルとは?

ミッドセンチュリーモダンは、一言で言うと、楽観的。そして、家具を本当に理解している人が作っている。ミッドセンチュリーはデザイナーや国によってさまざまで、一括りにできるスタイルはないと思います。ですが、素材が美しく、職人技を極め、より良い家具を作り出そうというビジョンを持った人々が作り出したもの。そして、デンマークのデザイナーらが主導したもの。20世紀の家具に美しさを与えたという点で、ここまで多大な影響を与えた国は他に考えられません。北欧の人々が他の誰よりも先にフォルムと機能という概念を理解し、この運動を始めたのは確実です。私が購入して自宅で使っている家具は、ほとんどが北欧製です。 

ホガースさんにとってハンス J. ウェグナーの家具とは?

私にとってハンス J. ウェグナーは、ミッドセンチュリー家具のデザインの頂点に立つ人です。ウェグナーは、椅子とはどう作るべきものであるかを深く理解していました。何かを実際に製作する前に、一つ一つの部品がどのように組み合わさるかを正確に理解していたのでしょう。ウェグナーの家具を見ると、それが非常によくわかります。ウェグナーの椅子を分解すると、彼の思考プロセスと、なぜ彼の椅子が世界中で最も美しいのかが、文字通り『見える』のです。

 

 

ウェグナーがデザインしたヴィンテージのYチェアのセットとロッキングチェアをお持ちですが、どんなところがお気に入りですか?

我が家では誰もがついYチェアに引き寄せられてしまい、何年も愛用しています。快適で美しく、ウェグナーらしい-つまり、使い勝手が良く、素材も無駄なく使われています。Yチェアはシンプルで、主役を張ろうとはしません。フォルムと機能のバランスが完璧なYチェアに座れば、誰でも特別な気分になれます。 

 

ロッキングチェアは、私たちが持っている椅子の中でも古株の一つで、子どもたちの幼い頃のお気に入りでした。そこに座って新聞を読んだり、庭を眺めたりすると、例えようもなくくつろげます。

もっと多くの刺激的な物語を探る

ニュースレターに登録して最新情報を受け取る。


Customer Service

カスタマーサービス

FAQ

各お問い合わせ

Cookiesについて

送料・配送について

返品・交換について

保証について

特定商取引法に基づく表示

Contact

online@carlhansen.jp

〒151-0051 

東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-9

オンライン・ショップのお問い合わせはメールにて受け付けております。お電話でのお問い合わせには承ることができません。予めご了承ください。