詳しくはこちら

デニッシュモダンとモダンデニム 業種を超えた職人のコラボレーション

デンマークの伝統的な職人技巧を受け継いできた家具メーカー、カール・ハンセン&サンが、デニム界の「偉大な職人」とコラボしたらどうなるのでしょうか。カール・ハンセン&サンは世界的なデニムメーカー、Hiut Denim社とのコラボレーションで心境地を開拓します。両社の協働はまさに異なる世界観の遭遇。Hiut Denim社の生地が今までにない新しいデニッシュモダンの魅力を引き出します。カール・ハンセン&サンの新しい試みをぜひご覧ください。

The Grand Master」として知られる、ジーンズの伝統を受け継いだデニム界の偉大なる職人(40年以上に渡りデニムを作り続ける職人も)たち。いずれも家具職人に劣らない、細部への配慮とあらゆる製造工程への敬意をもつその道のクラフトマンです。

 カール・ハンセン&サンが手掛ける家具のデザイナーは常に時代の先を見越し、それまでの限界に挑戦し、デザイン、製作技術に新しい試みをしてきた巨匠たちです。時を経て愛されて来たそうしたデザイナーの名作家具に、時代に見合う新しイメージを追求するために、カール・ハンセン&サンでは、新しい展望を与えるようなビジョンに満ちた企業との協働作業を続けてきました。

「Hiut Denim社の基本理念は、”一つのことをきちんとやり遂げること” 。カール・ハンセン&サンの基本方針と重なるものがあります。一族経営の弊社は、100年以上に渡り家具職の伝統を継承してきました。自分たちの仕事に全力を尽くす一方で、デザイン、仕事のやり方に共鳴し、コラボレーションできるパートナーを求めてきました。これにより、自分たちの殻をやぶる新しいアイデアや、技術を吸収し、より以上に自分たちを高めると信じるからです。」と弊社のCEO、クヌッド・エリック・ハンセン。

今回のコラボレーションで白羽の矢がたったのがデニッシュモダンの父と称されるコーア・クリント。機能主義者として、人々のニーズを理解し、製品の機能とフォルムを追求。デンマークのデザイン界を牽引したクリントは、まさに今回のコラボレーションにうってつけのデザイナーです。名作として知られるプロペラスツール(1930年)とサファリチェア(1933年)はクリントならではの使用する人を核にデザインされた家具の一例、人体と家具の相互関係を基盤にデザインされた製品です。

今回のHiut Denim社とコラボ―レーションの対象となるのがこの2モデル。世界中で愛用される、アイコニックなデニム地を施すことで、空間に今を反映させる新しい魅力を放ちます。発表されてから80年を経ても、その時々のライフスタイルに見合った魅力を発揮できる高い順応性とデザイン性。名作と呼ぶにふさわしい逸品です。

Hiut Denim社は今日、世界的な高級デニムブランドの一つ。「The Grand Master」と称されるデニム職人たちは、いずれも英国、西ウェールズの小さな町、カーディガンのデニムメーカーに従事していた職人たち。かつて週に数千本のジーンズを世に送り出していました。しかしメーカーは2002年に閉鎖、彼らの職場は消滅しました。 そうした中、こうした優れたデニム職人の技術とノウハウに注目したのがDavid Hieatt氏とClare Hieatt氏。デニム工場をカーディガンに復興し、町に活気を取り戻すことを模索しました。

そして新しいデニムが誕生しました。背後にあるのは、いうまでもなくイニシアティブをとった二人の情熱と、継承されてきたクラフトマンシップ。カール・ハンセン&サンとも重なる、こうしたHiut Denim社のバックグラウンドが今回のコラボレーションの引き金となっています。

家具職への敬意と誇り。カール・ハンセン&サンの家具には、一つ一つそれぞれにこうした弊社の信念、ストーリーが込められています。「Every piece comes with a story」、シンプルなフレーズですが、これこそがカール・ハンセン&サン・ブランドの基盤。デザイナー、職人、デザインと様々なストーリーが、私どもの家具造りに織り込まれています。一方、Hiut Denim社の基本方針は「Every pair tells a story」。偶然にも、弊社の基本方針と変わらない価値観をもつ企業です。さらに経年変化をはじめ、使用する人の生活に寄り添い、より個性的に変化することでもデニムと家具は共通していると言えます。

また最高級の素材を求め、伝統に培われた卓越した技巧に敬意を払う。こうした技術や素材の面でもHiut Denim社とカール・ハンセン&サンは共通しています。サスティナビリティに配慮された森林から伐採される木材で製作されるクリントの家具、そして環境を考慮し洗浄工程を省いた、生のデニム地を使用するHiut Denim社の製品。両社は、サスティナビリティを配慮した生産体制でも同じビジョンを持っています。

プロペラスツール、サファリチェア&スツールに使用されるデニムは、伝統的な織機で製作されるセルフエッジデニム。椅子の張地用に一枚一枚丁寧にカットされ、手縫いされます。毎週100本余りが世に出る、Hiut Denim社のGrand Masterが製作するジーンズに使用されるデニムと全く同じ素材です。職種は違っても、卓越した職人の仕事の仕方はまったくに同じと言えます。

 

「私どもでは、最高の素材を優れた腕をもった職人に委ねることで、最高級の製品が創造されると信じています。」とDavid Hieatt氏。

今回の協働作業で私が最も満足していることは、もの作りの姿勢が同じため、お互いによく分かり合えることです。カール・ハンセン&サンの製品は、弊社の製品同様、伝統、長い耐久性、クラフトマンシップを基盤に製作されています。そしてそれを使う人々やそのストーリーを大事にするということでも共通しています。コーア・クリントの名作を通し、私たちは新しいストーリーを、新しい観客に語り、新たな一ページを開くことになると思います。

Hiut Denim社の高級デニムを施したコーア・クリントのモデルは、カール・ハンセン&サンの伝統、そしてクリントのユニークなビジョンを反映しながらも、同時によりモダンで、コンテンポラリー。軽快で明るい、現代のトレンドを見越したものになっています。

「世界中で使用され、誰もが身近に感じるデニムを使った試みを、コーア・クリントが気に入ってくれるといいのですが。長年に渡り愛されてきたアイコニックなデザインに使用されるのは、本当に大きな栄誉だと思っています。」とClare Hieatt氏。

Story

デニッシュモダンの創生と伝統に敬意を表し、カール・ハンセン&サンでは、その創始者といわれるコーア・クリントにスポットを当て、デニッシュモダンの父として受け継がれるクリントのデザイン手法について語ります。

Story

デニッシュモダンの代名詞ともいえるCH24。Yチェアとしてもよく知られています。人々の称賛を受け続ける、優雅に弧を描く、その美しいフォルムは、世界の一流レストランやホテルのみならず個人住宅でも頻繁に愛用されています。

Story

カール・ハンセン&サンから、新作プレルディアシリーズを発表した米国人デザイナー ブラッド・アスカロン。自身のデザイン手法、そしてデニッシュモダンへの敬意について語ります。

Story

二つのラグシリーズをカール・ハンセン&サンから発表しているナヤ・ウッソン・ポポフ。Woodlineに続いて発表された、BotanicaとOceaniaはともに自然と素材にインスピレーションを受けたラグコレクション。いずれもカール・ハンセン&サンの名作家具に合う、自然な風合いとカラーパレットが印象的です。

Story

多作で知られる世界的な家具デザイナー、ハンス J. ウェグナー。名作と称される数々の家具を世に送り出してきました。

Story

ハンス J. ウェグナーが、カール・ハンセン&サンの哲学を基盤に、デザインした最初の5つの椅子。65年以上を経た現在もクラフトマンシップを讃える名作として多くの人に愛されています。

品質の良さ

送料無料

最長5年保証

カール・ハンセン&サンが製造販売するのは、家具だけではありません。一切の妥協を許さないクラフトマンシップ、考え抜かれたデザイン、デンマークが誇る伝統的な製作技術、そして、なによりも家具に対する深い愛情を感じることができるはずです。ハンス J. ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られていますが、他にもアルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、ボーディル・ケア、安藤忠雄など世界的に知られたデザイナーの家具も製作しています。創業100年を超える、カール・ハンセン&サンのコレクションは今日、一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。