詳しくはこちら

The Department Store

プロジェクト事例

プロジェクト・カテゴリー
Headquarters
設計
Squire & Partners
所在地
248 Ferndale Road London SW9 8FR United Kingdom
撮影
James Jones

荒廃した1900年代初期、エドワード王朝時代の百貨店ビルを元々の状態に戻し、壮大で華麗な当時の職人たちの素晴らしい仕事ぶりを日の目にさらす。これが、Squire & Partner´s の新本社屋です。

プロジェクト・カテゴリー
Headquarters
設計
Squire & Partners
所在地
248 Ferndale Road London SW9 8FR United Kingdom
撮影
James Jones

設計事務所Squire &Partnersは、2017年にロンドンのブリクストン地区に、220人のスタッフと共に新しい社屋に移転しました。新社屋は、1900年代初期に建てられたエドワード王朝時代の百貨店だった古びたビルを2年かけて改装した建物。この改装には、現存するテキスタイルや歴史的価値を残し、全く新しい空間を創造することが追求されました。職人や家具メーカーと協働し、改装、増築された建物は、伝統的な職人技巧を見せるデザイン。多様なクラフトやデザインに関連したイベントを開催できる空間も用意されています。 

改装に際し、デザイナーたちは建物の歴史とストーリーに耳を傾けました。その結果、余分なものを建物から取り除き、当時の職人が技巧を凝らした、壮大で華麗なオリジナルの意匠を露出し、そのまま残すことを決定。外観についても、何度も上塗りされた外壁の塗装を除去。オリジナルの素材である、レンガ、石、大理石、テラコッタを蘇えらせています。 

111年も経った、マホガニー材やチーク材を使用した寄木張りの床、荘厳な中央階段、鋳鉄製のラジエーターなどの内装材がそのまま遺されたほか、経年変化した美しく艶を見せる様々な部分もそのままインテリアに活かされています。

オリジナルの建築に美しく溶け込むモダンデザイン。The Department Storeは、19世紀の歴史的な建物とモダンなクリエーター企業のコラボレーションの好例です。歴史を物語る、百貨店のオリジナルの意匠を見せる広々とした空間を、すべてのフロアに保守。吹き抜けとなったレセプションから見えるようになっています。 

家具は、特注のMoore & Giles社のグリーン色の皮革を張ったコーア・クリントのアディションソファをはじめ、黒革張りのウェグナーのCH163ソファ、ブラックペーパーコード張りのCH22ラウンジチェアなどが使用されています。ひし形模様をフィーチャーした、Laguna社製のさび色のラグは、この建物の窓の形状をモチーフにSquire & Partnersがデザインしたものです。 

すべてのコンファレンスルームと会議室には、ステイン仕上げを施した限定バージョンのチェア、CH88が使用されています。例えばグラフィカルともいえる、幾何学模様が美しい1906年のマホガニー材の床が美しい2階部分。CH88は、ここで歴史的な空間と美しい調和を見せています。また、一階にも、Squire & Partnersの制作したドーム部分の構造を黒のテープで壁面に描いたモダンなインスタレーションアートと、面白い調和を見せています。コットンのウィービングテープを張ったモーテン・グッドラーの折りたたみ椅子も、打ち合わせ用の椅子として、コルビュジエのソファテーブルと伴に建物の各所で使用されています。

カール・ハンセン&サンの家具導入についてのSquire & Partners 、Tim Gledstone 氏のコメント:

「ブリクストンのBon Marcheセンターを手掛けた時に、建物と同じくらいの長い寿命をもつ家具を製作するメーカーとの協働作業に興味を持ちました。私たちが持つ、クラフトや素材への敬意を分かち合うことができる家具製造業者たちです。The Department Storeのプロジェクトはある意味、アートや職人技巧への賛歌です。カール・ハンセン&サンとはこうした伝統やクラフトへの敬意で共鳴していると思います。デジタル時代にも通じる高いデザイン性も同様です。 

カール・ハンセン&サンと密接な協働を続けていくうちに、私たちは建物を訪れる人たちにインスピレーションを与え、歓喜させるような一連の家具コレクションが出来上がっていきました。そして、職人界における師匠と弟子の関係ともいえる、デンマークのハンス J. ウェグナーやコーア・クリントの家具から日本のマルニ木工の家具にいたるまで、多彩なダイアログを生み出す内装が遂に完成しました。何度かデンマークを訪れ、CH88の特別バージョンを発注するために、ウェグナー家の許可を獲得。後日この特注バージョンは、限定コレクションとして真鍮製のプレートを付けて発表されています。 

The Department Storeにおける、カール・ハンセン&サンとの協働作業は、私達にとって、家具芸術を守り発展させていくためにも、今後もずっと継続する協働関係だと考えています。」

undefined

MG501 | Cuba Chair

オーク材, ソープ仕上げ, コットンウェビング ナチュラル商品を見る
undefined

CH20 | Elbow Chair

オーク材, ソープ仕上げ, レザー Thor 307商品を見る

Discover more cases

Lounges

ロンドンのイズリントン地区の中心にあった古びた80年代の建造物を、自然素材、デイライト、そして22mのモダン彫刻をフィーチャーしたモダン建築に再生。活気あるオフィスビルが生まれました。

Restaurants

日中はエスプレッソバー、夜はカクテルバー兼ポップアップレストランとなるカジュアルな バー&レストランNovi。ケンブリッジの中心街に新しく登場した今話題のスポットです。

Hotel

1848年に建立された建築家Gottlieb Bindesbøllによる、トーヴァルセンミュージアムにインスピレーションを得ています。内装デザインを手がけたチームは、デンマーク黄金期の家具を使用し、トーヴァルセンミュージアムを彷彿させる世界観を創り上げています。

Hotel

デザインホテルSP34のオーナーは、ゲストがくつろぐ家具を一新することで、ホテルのサービスをさらにアップグレード。     さらに、中庭を建物に取り込みことで、ストリートの感覚をホテルに取り入れています。

Residences

鮮やかに降り注ぐ太陽光、そして調和する白、黒、そしてグレーのモノトーン。質の高い家具が、1929年に建立された南アフリカのコテージを、統一感のあるマルチユニットのモダン住宅に再生しています。

Vineyard

イタリア、シエナの南東100 km に建つ美しいワイナリー、Podernuovo srl Società Agricola。樹齢を重ねたオリーブや、ブドウが見渡す限り広がる田園地帯に位置しています。

品質の良さ

送料無料

最長5年保証

カール・ハンセン&サンが製造販売するのは、家具だけではありません。一切の妥協を許さないクラフトマンシップ、考え抜かれたデザイン、デンマークが誇る伝統的な製作技術、そして、なによりも家具に対する深い愛情を感じることができるはずです。ハンス J. ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られていますが、他にもアルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、ボーディル・ケア、安藤忠雄など世界的に知られたデザイナーの家具も製作しています。創業100年を超える、カール・ハンセン&サンのコレクションは今日、一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。