詳しくはこちら

フリッツ・ヘニングセン

卓越したクラフトマンシップが映える、初期のモダンデザイン

妥協しない、完璧主義を貫いたデザイナーとして知られたフリッツ・へニングセン。常に家具の品質と職人のクラフトマンシップを最優先に製品を開発し、自分でデザインから製作までをこなしていました。

フリッツ・へニングセン (1889-1965) は著名な家具工房の一つとして知られた、I.P. ムアク (I.P. Mørck) のもとで修業し、191122歳で家具職人の資格を取得。
その後、当時の多くのクリエーターたちと同じく、インスピレーションと経験を求めて外国に渡ります。
ドイツ、フランス、そして英国などで修業を積み、
1915年にコペンハーゲンに戻ります。へニングセンは戻るとすぐに、コペンハーゲン市内に家具店を開業。顧客とのやり取りから、人々が求める家具を把握、それを家具の製作に取り入れていきます。

また、コペンハーゲンの家具職人ギルドにも入会。
ギルドが開催する家具展の中心となるメンバーとなっていきます。その妥協の無い高い質と洗練されたスタイルで、デンマーク家具界で頭角を現します。
へニングセンはスタイルをクラシック家具に見出し、それをよりモダンに、よりオーガニックにリデザインした家具を数多く発表しています。フレンチ帝政様式、ロココ、
17世紀の英国家具などにインスピレーションを得、そこからモダンでオーガニックなフォルムをもつ独自のデザインを作り上げたのです。

コーア・クリントの影響も受けています。クリントとへニングセンは教授と生徒として、へニングセンが在籍したテクニカルスクールで出会い、クリントはへニングセンに大きな影響を与えています。そればかりかクラシック家具にインスピレーションを得、リデザインすることで共通した二人は競合するデザイナーとしての意識もあったようです。

ヘニングセンにとって重要なのは製品そのもの。デザイナーである自分の個性よりも、製品の質の高さと製作技術にフォーカスした製品開発をしています。これが家具業界で高く評価されていたにもかかわらず、他の巨匠デザイナーのような高い認知度を得なかった理由と言えます。クラシック家具の影響を受けた家具から次第に、よりシンプルなフォルムに移行しています。これは世代を超えて使用される、タイムレスな家具を追求したからにほかなりません。ヘリテージチェア、そして遺作のシグネチャーチェアにも共通する、妥協のない高い品質と機能を追求したデザイン。こうしたこだわりこそが家具職人として、そしてデザイナーとしてのフリッツ・へニングセンのステイタスを揺るぎないものにしているのです。

Featured designs by Frits Henningsen

ウォルナット材, オイル仕上げ, レザー Sif 95
ウォルナット材, オイル仕上げ, レザー Sif 95
オーク材, 黒塗装, Fiord 191

品質の良さ

送料無料

最長5年保証

カール・ハンセン&サンが製造販売するのは、家具だけではありません。一切の妥協を許さないクラフトマンシップ、考え抜かれたデザイン、デンマークが誇る伝統的な製作技術、そして、なによりも家具に対する深い愛情を感じることができるはずです。ハンス J. ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られていますが、他にもアルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、ボーディル・ケア、安藤忠雄など世界的に知られたデザイナーの家具も製作しています。創業100年を超える、カール・ハンセン&サンのコレクションは今日、一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。