最もよく検索されている商品:

Bodil Kjær

デザインと建築の相互作用を探求したデザイナー

数多くの家具デザインを残すボーディル・ケアは、常に家具を建築の一部と捉えていました。ケアにとって、家具は空間を彩るオブジェではなく、その機能性、経済性を追求し、美的に表現したものです。

教授、デザイナーとして世界中を飛び回り、デザインと建築の関係を説き、同時に自身の知識を深めてきたボーディル・ケア。

結果として、デニッシュモダンの基本コンセプトの普及に大きく貢献することになりますが、これはケアの本来の目的ではありませんでした。
世界各地に出向いた主な目的は、自分の描く機能的な家具、オフィス環境を創るために使用できる、方法や素材を探し求めることにありました。

 

1932年、デンマーク、ホーセンスの代々続く農家に生まれたます。質や美しさ、そして自然を尊ぶ一方、社会の動向にも大きな関心を寄せる家庭に育ちました。学業を終えたケアは、建築を学ぶために渡英。
帰国後、英国での体験からFrederiksberg Technical College と School of Interior Designでインテリアデザインを勉強。フィン・ユール、ヨルゲン・ディッツェルなど名だたる講師陣のもとで空間デザインを学んでいきます。1960年、米国からの留学を終え帰国するとケアは自身のデザインスタジオをコペンハーゲンに開設します。

デザインスタジオを開設してから5年後の1965年、ケアは奨学金を獲得。デンマーク王立芸術アカデミー、さらにロンドンの英国建築協会付属建築学校で学ぶ機会を得ます。ケアはシニア設計士として、1979年まで英国に在留。
後に他の建築家と共同でデザインスタジオを設立し、アフリカの熱帯地方において、太陽エネルギーで空調する住宅プロジェクトなどを手掛けていきます。

家具デザインに際しては、ケアは家具をいかに構築していくかを優先し、フォルムよりも、純粋に技術面から家具を追求。モダン建築との相互作用、実際に使用する人をコンセプトの核としていました。

またケアは、常にデザインの背景に関心を持ち、様々な職種の人々と協働で空間をより最適化することに取り組んでいました。日々変わるオフィス環境に対応し、クリエーターをサポートする事務所用の家具システムなどがその好例です。Indoor-Outdoor シリーズをはじめ、家具、照明器具、サービングワゴン、花器と多岐に及び、いずれも軽快さと優れた機能性で共通しています。

その業績から数多くの建築大学から講師、客員教授として招かれ、ハーバード大学、プラット・インスティテュート、スミソニアン・インスティテュート、オーフス建築大学、デンマーク芸術アカデミーなどでも講演を行っています。

Featured designs by Bodil Kjær

  • BK10 | Chair

    ¥ 119,900

    商品を見る

Our designers

  • Anker Bak

    ユニークな経歴と独創的なデザインアプローチで、常に限界に挑戦するアンカー・バック。質の高い素材とクラフトマンシップ、そして斬新な機能によって、概念的、物理的な境界を常に押し広げています。 人々の生活を変え、真のニーズを満たすデザインを創ることを信条とするデザイナーです。

  • Arne Jacobsen

    デンマークを代表する建築家 アルネ・ヤコブセン。その名はモダニズムの代名詞とも言えるほど国際的にも知られ、その独特のビジョンは、国境を越え多くのデザイナーに影響を与え続けています。

  • Thorup & Bonderup

    コペンハーゲンの王立芸術アカデミー建築学部を、1969年に卒業。すぐに協働を開始したクラウス・ボンデロップとトーステン・ソーラップ。20年以上に渡り、世界各地のプロジェクトを二人でこなしています。

  • Brad Ascalon

    1977年生まれのアメリカ人デザイナー ブラッド・アスカロン。彼のアートやデザインへの関心は早くから芽生えました。祖父は、著名な彫刻家でインダストリアルデザイナーのモーリス・アスカロン、父親は個人所有の空間や公共空間に大掛かりなインスタレーションを北米各地で展開する著名アーティストのデイヴィッド・アスカロン。作品に見られるクラフトマンシップ、素材、耐久性、質へのこだわりはこの二人から受け継いでいると言えます。

  • Børge Mogensen

    ボーエ・モーエンセン(1914-1972)は、使用する人びとを核とする、その独特のデザインアプローチで耐久性に優れた家具を世に送り出してきました。第二次大戦後、デニッシュモダンを牽引した大きな影響力を残すデザイナーの一人です。

  • EOOS

    EOOS (イーオス) は、3人のオーストリア人デザイナー、マーチン・ベアグマン、ゲアノ・ボーマン、ハラルド・グルンドによって1995年に設立されたデザインスタジオ。歴史や伝統の分析し、現代社会のコンテキストに合ったデザインを創り出しています。伝統儀式や神話、そして直観的なイメージを分析し、それを基盤に一過性でない確固たる関連性を見出していくデザイン手法です。

  • Frits Henningsen

    妥協をしない、完璧主義を貫いたデザイナーとして知られたフリッツ・へニングセン。常に家具の品質と職人のクラフトマンシップを最優先に製品を開発し、自分でデザインから製作までこなしていました。

  • Kaare Klint

    デニッシュモダンの父と称されるコーア・クリント。デザイナー、教授、デザイン界のリーダーとして世代を超えて多くのデザイナーに影響を与えてきました。1933年に発表されたサファリ チェアに見られるような、シンプルなフォルム、質の高い機能性、タイムレスな美しさ、そして妥協の無い素材と製造工程は、クリントの家具の大きな特徴となっています。

  • Larsen & Bender

    代表作と言える名作メトロポリタンチェアをはじめ、アイナー・ラーセンとアクセル・ベンダー・ マッセンは300点に及ぶ家具を発表。椅子のデザインで知られていますが、トータルでコーディネートできるようリビング用やベッドルーム用の家具など、多岐にわたる製品をデザインしています。また、書棚、オフィス用の家具も発表しており、いずれもシンプルでタイムレスなデザインが二人の作品の特徴となっています。

  • Linie Design

    デンマークのデザイン会社であるLinieDesignは、1980年に設立され、それ以来、エレガントなデザインと最高品質の素材を使用した手作りのラグを展開しています。

  • Mads Odgård

    マッス・オドゴーにとってデザイナーになることは、幼少時からの憧れでした。成長するとコペンハーゲンに移り住み、クリエイティブな仕事を目指して応用美術スクール(現在のデンマーク・デザインスクールDKDS)で学びます。

  • Mogens Lassen

    ル・コルビュジエに影響を受け、数々の業績を残す建築家モーエンス・ラッセン。デンマークにおける機能主義の先駆者として、素材に関わらず自身のアイデアを形にする見事な才能を発揮しています。

  • Morten Gøttler

    コペンハーゲンで生まれ、海上輸送の教育を受けたモーテン・グットラーは、独学で建築とデザインを学んだ木材への深い造詣で知られるデザイナー。斬新な解決策を見出していくことが家具デザインの基盤と考えていました。

  • Naja Utzon Popov

    デンマークのデザイナー、ウッソン・ポポフ。幼少からモダンデザインに接してきたその生い立ちがテキスタイル、ガラス器、セラミック、彫刻とあらゆる彼女の作品に投影されています。現在ウッソン・ポポフの美しいデザインは、世界各地で高く評価されています。

  • Nanna Ditzel

    空間の探求と技術の限界に挑戦することでデザイン界に名を馳せたデンマーク人デザイナー、ナナ・ディッツェル。その気品ある人格でもよく知られていました。

  • Ole Wanscher

    オーレ・ヴァンシャーは、機能性溢れる、優雅なデザインでデニッシュモダンの流れに大きな足跡を残しています。クリントが教鞭をとる王立芸術アカデミー家具科に在籍し、クリントの下で2年間仕事をした後、1928年自身のデザイン事務所を設立。家具デザイナーに専念していきました。クリントの後継者として王立芸術アカデミー家具科の教授にも就任。デンマークデザイン界をデザイナーとして、教育者として牽引してきました。

  • Poul Kjærholm

    妥協のない品質と素材、ポール・ケアホルム (1929-1980)、こうしたデンマーク家具の伝統を根底にあのモダンなフォルムを生み出していきました。家具デザイナーとしてのキャリアが比較的短かったケアホルム。しかし、デンマークばかりか国外の影響をも受けた、クラフトマンシップ溢れるデザインで、死後も世界的なデザイナーとして確固たる地位を築いています。

  • Fabricius & Kastholm

    1961年、ヨルゲン・カストホルムとプレーベン・ファブリシャスは共同でデザインスタジオを開設。木材を素材にした家具のデザインを手始めに仕事をこなし、次第にヨルゲン・カストホルムの金属への造詣を活かし、スチール、皮革を用いたデザインへと仕事の幅を広げていきます。

  • Rikke Frost

    伝統的な技巧や素材の新しい使い方を追求し自身のデザインに反映するデンマーク人デザイナー、リッケ・フロスト。 ソファ、テーブル、チェア、そして照明器具など、フロストが手掛けるオーガニックなデザインには、最新のテイストに加え、クラシックなデザイン手法や素材が駆使されています。

  • Strand & Hvass

    デザイナーデュオ、ストランド+ヴァスは、デニッシュモダンの黄金期を築いた巨匠たちの、知識と才能を継承する新世代のデザイナー。デニッシュモダンの伝統を取り入れながらも、そこに斬新な表現と機能を追求したExtend Tableは彼らの代表作です。

  • Tadao Ando

    日本の伝統と西洋のモダニズムを見事に融合する日本人建築家 安藤忠雄。ル・コルビュジェの影響を受けた、機能を重視した、ミニマルで斬新な作風で知られています。

  • Thomas Bo Kastholm

    多様な素材を融合することで、明確な機能と美しさを備えた製品を生み出す、トーマス・ボー・カストホルム。デニッシュモダンの伝統を継承するTK8デイベッドは、そうしたカストホルムのオリジナルコンセプトが形になったものです。

デンマークデザイン送料無料最長5年保証

カール・ハンセン&サンの商品を選ぶことは、単なる家具を手に入れることではありません。美しく磨き抜かれたクラフトマンシップの誇り高い伝統の一部になるのです。ハンス J. ウェグナーのデザインを世界で一番多く製造する家具メーカーとして、アルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、ボディル・ケア、安藤忠雄などの名だたるデザインの巨匠たちの作品も製造しています。カール・ハンセン&サンは、100年以上続く豊かな歴史を誇るデンマークデザインを代表する企業であり、その家具は世界中で販売されています。

ニュースレターに登録して最新情報を受け取る。


カスタマーサービス

カスタマーサービス

FAQ

各お問い合わせ

Cookiesについて

送料・配送について

返品・交換について

保証について

特定商取引法に基づく表示

お問い合わせ

online@carlhansen.jp

〒151-0051 

東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-9

※恐れ入りますが、オンライン・ショップに関するお問い合わせはメールにてお願いいたします。