OW124 | Beak Chair

仕様 オーク材, オイル仕上げ, レザー Sif 95
デザイナー Ole Wanscher

OW124 ビークチェアは、オーレ・ヴァンシャーが1951年に発表したラウンジチェア。彫刻的なフォルムを家具デザインに追求し続けたオーレ・ヴァンシャーのビジョンが映える一脚です。


仕様 オーク材, オイル仕上げ, レザー Sif 95

デザイナー Ole Wanscher

OW124 ビークチェアは、オーレ・ヴァンシャーが1951年に発表したラウンジチェア。彫刻的なフォルムを家具デザインに追求し続けたオーレ・ヴァンシャーのビジョンが映える一脚です。

温かみのある、ユニークなフォルムが目を引くラウンジチェア

OW124 ビークチェアは、1951年のコペンハーゲン家具職人ギルド展で発表されました。洗練された斬新なデザインを追求したことで知られるヴァンシャーのビジョンが映えるラウンジチェア。優れた家具製作技術を熟知しているからこそできるデザインです。 ビークチェアの象徴ともいえるクチバシを想起させるアーム。モデル名の由来となっているフレームから突き出るようなこの意匠は、座面と背と同様に、優れた素材と職人技巧が要求されます。 エレガントで、軽快なフォルムに才能を発揮してきた、オーレ・ヴァンシャー。ビークチェアもその例外ではありません。フレームを形成する各パーツが流れるようにアームに接合され、オーガニックなフォルムを形成しています。唯一アクセントとなっているのが、鳥の目を連想させる木製ボタン。機能と装飾を兼ねる美しいディテールです。     
null

Ole Wanscher

Designer
オーレ・ヴァンシャーは、機能性溢れる、優雅なデザインでデニッシュモダンの流れに大きな足跡を残しています。クリントが教鞭をとる王立芸術アカデミー家具科に在籍し、クリントの下で2年間仕事をした後、1928年自身のデザイン事務所を設立。家具デザイナーに専念していきました。クリントの後継者として王立芸術アカデミー家具科の教授にも就任。デンマークのデザイン界をデザイナーとして、そして教育者として牽引してきました。 クラシックな品位をもった、モダンなデザインで人気をもつ、ヴァンシャーの家具。 デンマークの新聞ポリティーケン紙が1958年に、「オーレ・ヴァンシャーの椅子を購入すると、それから何百年も毎日、毎日その椅子に座ることになります。彼の椅子は、それほどの耐久性を備えています。」とオーレ・ヴァンシャーの家具について記したほどです。素材とディテールにこだわった、ヴァンシャーの名作は、今日も発表当時の新鮮さを失っていません。
詳しく見る Ole Wanscher

素材

ダウンロード

OW124 3D Drawings | ZIP
OW124 2D Drawings | ZIP

品質の良さ

送料無料

最長5年保証

カール・ハンセン&サンが製造販売するのは、家具だけではありません。一切の妥協を許さないクラフトマンシップ、考え抜かれたデザイン、デンマークが誇る伝統的な製作技術、そして、なによりも家具に対する深い愛情を感じることができるはずです。ハンス J. ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られていますが、他にもアルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、ボーディル・ケア、安藤忠雄など世界的に知られたデザイナーの家具も製作しています。創業100年を超える、カール・ハンセン&サンのコレクションは今日、一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。