BT1041 | Calot Pendant Ø650

デザイナー Claus Bonderup & Torsten Thorup

BT1041 Calot Pendant Ø650 は、 緩やかなカーブを描く、半円形のペンダントライト。デンマークを代表するデザイナー クラウス・ボンデロップとトーステン・ソーラップが1960年代後半に発表した、ペンダントライトシリーズの一つ。いずれも幾何学的なシンプルなフォルムで共通しています。 さらにこのシリーズの3モデルは、光源にハーフミラー電球を使用することでも共通しています。反射して光を放つハーフミラー電球を使用することで光と影の相互作用を追求しています。復刻されるBT1041 Calot Pendant Ø650の素材は、磨き加工を施した真鍮、そして新色となる深緑、オリジナルであるホワイトまたはブラックの塗装仕上げを施したスチールとなります。


デザイナー Claus Bonderup & Torsten Thorup

BT1041 Calot Pendant Ø650 は、 緩やかなカーブを描く、半円形のペンダントライト。デンマークを代表するデザイナー クラウス・ボンデロップとトーステン・ソーラップが1960年代後半に発表した、ペンダントライトシリーズの一つ。いずれも幾何学的なシンプルなフォルムで共通しています。 さらにこのシリーズの3モデルは、光源にハーフミラー電球を使用することでも共通しています。反射して光を放つハーフミラー電球を使用することで光と影の相互作用を追求しています。復刻されるBT1041 Calot Pendant Ø650の素材は、磨き加工を施した真鍮、そして新色となる深緑、オリジナルであるホワイトまたはブラックの塗装仕上げを施したスチールとなります。