BM1160 | Hunting Table

仕様 オーク材, オイル仕上げ
デザイナー Børge Mogensen

ボーエ・モーエンセンのBM1160 ハンティングテーブルは、1950年に開催された、コペンハーゲン家具職人ギルド展で発表されました。卓越した木工加工の美しさと、印象的な真鍮の支柱。オーガニックな野性味が全体を包むテーブルです。支柱は真鍮、あるいはステンレススチールよりご選定いただけます。


仕様 オーク材, オイル仕上げ

デザイナー Børge Mogensen

ボーエ・モーエンセンのBM1160 ハンティングテーブルは、1950年に開催された、コペンハーゲン家具職人ギルド展で発表されました。卓越した木工加工の美しさと、印象的な真鍮の支柱。オーガニックな野性味が全体を包むテーブルです。支柱は真鍮、あるいはステンレススチールよりご選定いただけます。

見事なクラフトマンシップと機能の共演

ボーエ・モーエンセンのBM1160 ハンティングテーブル。その名は、「ハンティングロッジ」をテーマに開催されたコペンハーゲン家具職人ギルド展で発表されたことと、野性味あふれる木材のイメージから来ています。 モーエンセンのハンティングテーブルの天板は、他のテーブルに比べて細身。空間に限りある場所にも適するほか、テーブル周りにより親密な雰囲気を演出します。そして丸みを帯びた加工が映える木部の意匠。テーブルの各部に繰り返し用いられる無駄のない美しいディテールです。誰にもでも手の届く家具を追求したモーエンセンのデザインが哲学の表れとも言えます。テーブルに安定性を与えるのは真鍮製の2本の支柱。天板と脚部を優雅に、そして印象的に接合する、考慮された意匠です。また、ほぞ継ぎや職人技が映えるコントラストをつけた木製のくさびなど、脚部の美しさが、テーブルの優雅さを強調しています。
null
null

Børge Mogensen

Designer
ボーエ・モーエンセン(1914-1972)は使用する人びとを核に、その独特のコンセプトで耐久性に優れた家具を世に送り出してきました。第二次大戦後、デニッシュモダンを牽引した大きな影響力を残すデザイナーの一人です。 モーエンセンはデモクラティック・デザインを掲げ、住宅、コントラクトに向けた、シンプルで機能性に優れた木製家具を数多く発表。いずれも控えめな美学と耐久性を考慮した構造が特長となっています。デザインの基盤となっているのは、明確な構造と装飾をできるだけそぎ落とすこと、そして実験的な試み。その好例がハンティングテーブルやデッキチェアのセットです
詳しく見る Børge Mogensen

素材

ダウンロード

BM1160 2D Drawings | ZIP
BM1160 3D Drawings | ZIP

品質の良さ

送料無料

最長5年保証

カール・ハンセン&サンが製造販売するのは、家具だけではありません。一切の妥協を許さないクラフトマンシップ、考え抜かれたデザイン、デンマークが誇る伝統的な製作技術、そして、なによりも家具に対する深い愛情を感じることができるはずです。ハンス J. ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られていますが、他にもアルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、ボーディル・ケア、安藤忠雄など世界的に知られたデザイナーの家具も製作しています。創業100年を超える、カール・ハンセン&サンのコレクションは今日、一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。