FH38 | Windsorチェア

仕様 FSC®認証を受けたオーク材, オイル仕上げ
納期 3 週間
デザイナー Frits Henningsen

Windsorチェアは、デンマークの建築家で家具職人のフリッツ・ヘニングセンが1938年にデザインした椅子です。この堂々たる椅子は、2003年までカール・ハンセン&サンで継続的に生産されていましたが、今回モダンな快適さを備えて復刻されました。

¥264,000

仕様 FSC®認証を受けたオーク材, オイル仕上げ
納期 3 週間
¥264,000

デザイナー Frits Henningsen

Windsorチェアは、デンマークの建築家で家具職人のフリッツ・ヘニングセンが1938年にデザインした椅子です。この堂々たる椅子は、2003年までカール・ハンセン&サンで継続的に生産されていましたが、今回モダンな快適さを備えて復刻されました。

堂々たる快適さ

FSC™認証の無垢のオーク材を精巧に形作り、手作業でサンディングを行ったハイバックチェアは、ダイニングチェアとラウンジチェアが融合したデザインです。Windsorチェアのすっきりとしたラインには、さまざまな木工技術が求められる熟練の職人技が隠されています。座面にレザークッションを配しより快適となった堂々たるデザインは、オープンスピンドルフレーム、そして緩やかな曲線を描くバックレスト、座面、アームレストにより、軽快な表情を生みます。どのチェアも唯一無二の存在で、美しい外観であるだけでなく、長きにわたり培われてきた、伝統的な職人の技が光る作品といえます。
null
null

Frits Henningsen

デザイナー
妥協をしない、完璧主義を貫いたデザイナーとして知られたフリッツ・へニングセン。常に家具の品質と職人のクラフトマンシップを最優先に製品を開発し、自分でデザインから製作までこなしていました。 また、コペンハーゲンの家具職人ギルドにも入会、ギルドが開催する家具展の中心となるメンバーとなっていきます。その妥協の無い高い質と洗練されたスタイルで、デンマーク家具界で頭角を現します。へニングセンはスタイルをクラシック家具に見出し、それをよりモダンに、よりオーガニックにリデザインした家具を数多く発表しています。フレンチ帝政様式、ロココ、17世紀の英国家具などにインスピレーションを得、そこからモダンでオーガニックなフォルムをもつ独自のデザインを作り上げたのです。
詳しく見る Frits Henningsen

素材

ダウンロード

FH38 - Drawings.zip | ZIP
FH38_2D.zip | ZIP

デンマークデザイン

送料無料

最長5年保証

カール・ハンセン&サンの商品を選ぶことは、単なる家具を手に入れることではありません。美しく磨き抜かれたクラフトマンシップの誇り高い伝統の一部になるのです。ハンス J. ウェグナーのデザインを世界で一番多く製造する家具メーカーとして、アルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、ボディル・ケア、安藤忠雄などの名だたるデザインの巨匠たちの作品も製造しています。カール・ハンセン&サンは、100年以上続く豊かな歴史を誇るデンマークデザインを代表する企業であり、その家具は世界中で販売されています。