Design company Carl Hansen & Søn is a third-generation family-run Danish business. It was established by Carl Hansen in 1908, taken over by his son Holger Hansen in 1934 and then run by his two grandsons, first Jørgen Gerner and now Knud Erik Hansen. What most accounts of the company tend to gloss over, however is the 20 years for which Holger’s wife Ella Hansen ran the company. In this film Knud Erik Hansen tells his personal family story and pays a tribute to his powerful mother Ella who took over the company when his father died.

More stories about Carl Hansen & Søn

創業以来100年以上に渡り、クフラフトマンシップ溢れる、家具を作り続けてきたカール・ハンセン&サン。ぜひその歴史をご覧ください。

カール・ハンセン&サンが、どのようにハンス J. ウェグナー、アルネ・ヤコブセン、コーア・クリントといった巨匠デザイナーたちの家具や才能溢れる若手デザイナーの家具を製作していくのか。ぜひ詳細をご覧ください。

優れたデザインとサステナビリティへの配慮はカール・ハンセン&サンの基盤です。詳細はこちら。

世界各地で愛用されるカール・ハンセン&サンの家具。伝統を継承してきたファミリーオーナー企業の詳細をぜひご覧ください。