デザイン会社であるカール・ハンセン&サンは、デンマークで3世代にわたる家族経営企業です。1908年にカール・ハンセンによって創業され、1934年に息子のホルガー・ハンセンが事業を継承した後、孫の代にあたるヨルゲン・ゲルナーとクヌッド・エリック・ハンセンが経営に携わってきました。しかし、ホルガーの妻であるエラ・ハンセンが20年間にわたって経営していたことは、あまり知られていません。このムービーでは、現CEOクヌッド・エリック・ハンセンがファミリーストーリーを語り、父親が他界した後、会社の継続に多くのエネルギーを注いだ母エラへの敬意も表現されています。

創業以来100年以上に渡り、クフラフトマンシップ溢れる、家具を作り続けてきたカール・ハンセン&サン。ぜひその歴史をご覧ください。

カール・ハンセン&サンが、どのようにハンス J. ウェグナー、アルネ・ヤコブセン、コーア・クリントといった巨匠デザイナーたちの家具や才能溢れる若手デザイナーの家具を製作していくのか。ぜひ詳細をご覧ください。

優れたデザインとサステナビリティへの配慮はカール・ハンセン&サンの基盤です。詳細はこちら。

世界各地で愛用されるカール・ハンセン&サンの家具。伝統を継承してきたファミリーオーナー企業の詳細をぜひご覧ください。